都市科学教育研究センター(CUES)について

 

国連加盟 193 カ国の共通目標として設定された「持続可能な開発目標(SDGs)」の内容は、「自然・社会・経済」と多岐にわたります。SDGs を達成するには、都市における人間活動と、自然・社会・ 経済の変容の関係性を明らかにすること、持続可能な都市の評価手法・評価指標を定めること、そしてこれら知見に基づいて、都市を計画開発し、運営することが望まれます。都市科学教育研究センター(CUES)では、都市を”社会生態システム”として捉え、そのしくみの解明と予測・評価に資するコミュニケーションプラットホームを構築し、SDGsに根ざした未来社会の描像に資することを目的とします。

 

お知らせ

セミナーのお知らせ

  • 【タイトル】:「電力と水素」 
                          -カーボンニュートラル社会(CNS)の実現に向けて-
  • 【日時】:2021年12月6日(月)15:15~16:45
  • 【場所】:大阪市立大学 工学部 大講義室(参加は市大・府大の教職員・学生に限ります)
  • 【講師】: 本田國昭先生
          九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所マルチスケール構造科学ユニット招聘教授
          大阪市立大学大学院工学研究科機械物理系専攻客員教授
  • 【講演概要】:
    • カーボンニュートラル社会におけるエネルギーシステムのベースとなるキーファクターは何か?それは、電力と水素ではないだろうか。これは共に二次エネルギーと言われるものであり、何らかの一次エネルギー等から製造されるものである。CNSの実現のためには、水素はグリーン水素と言われるカーボンフリーなエネルギー(再生可能エネルギー等)から製造されたものが求められる。特に、水素においては製造・輸送・貯蔵・利用の水素チェーンの確立と社会に認知される社会受容性の確立が求められる。ここでは、水素の役割と技術課題について解説し、CNSの実現に向けての課題等について議論したい。
  • 【参加申込み】
    • 本セミナーの参加は市大・府大の教職員・学生に限ります。
    • 参加申込みは、本ホーム-ページにて受け付けます。
    • 対面での講義とフリーディスカッションを予定しています。事前登録の上でご参加ください。
  • 【 問い合わせ先 】
    • 相馬(センター長) 06-6605-2175, sohma(アットマーク)eng.osaka-cu.ac.jp
    • 伊與田       06-6605-2967, iyota(アットマーク)eng.osaka-cu.ac.jp

 

MENU