CUESセミナー(2021/9/21)のご案内(参加:学内者限定)

  • 【タイトル】:「海洋生態系モデルの開発と利用」-パラレルワールドは実世界を映しているか-
  • 【日時】:2021年9月21日(火)10:30~12:00
  • 【場所】:Zoomを用いたオンラインセミナー(参加者は学内限定)
  • 【講師】:伊藤 幸彦先生・東京大学大気海洋研究所付属地球表層圏変動研究センター海洋生態系変動分野・准教授
  • 【セミナーの趣旨】
    • 持続可能な開発目標(SDGs)の目標14では、海洋と生物資源を保全し持続的に利用することを目指しています。気候変化や人間の社会・経済活動による撹乱が進むなか、生態系機能の定量評価や予測が可能な海洋生態系モデルの役割への期待が高まっています。今回は、東京大学大気海洋研究所の伊藤幸彦先生に、海洋生態系モデルの開発と利用の現状と今後の展開についてお話しいただきます。
  • 【講演概要】
    • 海洋生態系は食糧供給やレクリエーション、気候変化の緩和など、人間社会に様々な恩恵をもたらしています。この「海の恵み」を保全し持続的に利用するためには、海洋生態系の仕組みを理解し、適切に種々の影響評価を行うことが重要です。海洋生態系モデルは、複雑な海洋生態系を目的に応じた視点で表現した「パラレルワールド」であり、様々な切り口で多くのモデルが開発され、生態系諸過程の理解進展や物質循環、環境影響評価のツールとして用いられてきました。本講演では、海洋生態系モデルと開発の歴史を紹介するとともに、海洋生態系のモデル化や不確実性の取り扱いに対する考え方、今後の発展の可能性などをインタラクティブに議論します。
  • 【参加申込み】
    • 本セミナーは参加者を学内に限定とさせていただきます。
    • 参加申し込みは、本サイトのトップページから受け付けます。
  • 【問い合わせ先】
    • 相馬(センター長), 06-6605-2175, sohma(アットマーク)eng.osaka-cu.ac.jp
    • 遠藤                   , 06-6605-2732, t.endo(アットマーク)eng.osaka-cu.ac.jp

Follow me!