教授 相馬 明郎

相馬 明郎  

工学研究科 都市系専攻 環境創生領域 教授

国連加盟 193 カ国の共通目標として設定された「持続可能な開発目標(SDGs)」の内容は、「自然・社会・経済」と多岐にわたります。SDGs を達成するには、都市における人間活動と、自然・社会・ 経済の変容の関係性を明らかにすること、持続可能な都市の評価手法・評価指標を定めること、そしてこれら知見に基づいて、都市を計画開発し、運営することが望まれます。都市科学教育研究センター(CUES)は、都市を”社会生態システム”として捉え、そのしくみの解明と予測・評価に資するコミュニケーションプラットホームを構築し、SDGsに根ざした未来社会の描像に資することを目的としています。